【ITパスポート】独学おすすめテキストは?2021年度版【短期でも受かる】

まい

こんにちは!資格好きの主婦まい(@maisawaco)です。
先日ITパスポート試験を受験し、初心者から26時間で合格することができました!

うれしい…

今日はそんな私がITパスポートのおすすめテキストを紹介していきたいと思います。

ITパスポートのテキストは種類も多く、どれも良く見えるので「どれを選んだら良いか迷う!」という方もいると思います。

今回はランキング形式ではなく、IT初心者の主婦の私が、自分と同じ初心者の方にオススメしたいテキストをチョイスしました。

  • IT初心者の方
  • 試験勉強が久しぶりの方
  • 勉強に苦手意識のある方

はぜひチェックしてくださいね。

さぁ行くよー!

この記事でわかること

ITパスポートおすすめテキスト「いちばんやさしいITパスポート」

「いちばんやさしいITパスポート」の特徴

・色合いやレイアウトが見やすい
・説明がわかりやすい

・出題傾向の分析や、重要な点を教えてくれるから主体的に学習できる
・高評価NO.1のテキスト

デメリットは掲載されている過去問が少ないこと

まず初めに、今回私が使用したテキストSBクリエイティブから出ている「いちばんやさしいITパスポート」をご紹介します。

「いちばんやさしいITパスポート」の特徴は、わかりやすい見た目と丁寧な解説

読めば内容がスーッと頭に入ってきやすい平易な文章で、どんな方でも理解しやすい内容になっています。

まい

誰にでも馴染みやすい文章だと思う!

万人受けするタイプのテキストだよね

各項目の後に出てくる過去問も、「これだけは!」といういう重要ポイントを押さえているので、無駄なく理解が深まります。

またこのテキストのもう一つの特徴は、分野別の出題傾向の分析や、「ここは重要だよ」「ここは捨てるのもアリだよ」という箇所を記しているところです

まい

読んでいるうちに「そうか、ここはちゃんと覚えなきゃ」「ここは自己責任で飛ばそうかな」と自分で主体的に勉強を進められるようになるよ

やる気になって勉強できるんだね!

「いちばんやさしいITパスポート」のデメリット

デメリットとしては、掲載されている過去問だけでは問題演習が足りないことです。

ITパスポートは沢山問題を解くことで理解が深まっていきます。「いちばんやさしいITパスポート」の過去問の掲載数は193問でちょっと少ない…。掲載されている問題だけでは試験対策が不安を感じてしまいます。

しかし、今では無料サイト等があるので、そちらで勉強すれば大丈夫。スマホでサクサク解答できるので、私は過去問は無料サイト中心で解く方がむしろおすすめです。ちなみに、私は「ITパスポート試験ドットコム」さんの過去問道場にお世話になりました。解説付きで無料とは思えないクオリティにびっくりです!

テキスト的には本当に素晴らしいので、ぜひ一度中身を見ていただきたいなと思います。

まい

必要十分って感じで本当に大満足でした!

イチオシだね!

「いちばんやさしいITパスポート」の口コミ

まい

「いちばんやさしいITパスポート」の口コミはこちらだよ

https://twitter.com/TsunehitoH/status/1342410332380131328

読みやすいけど、やっぱり過去問は足りない印象のようだね

まい

テキスト&無料サイトで安心して受験に挑めるね

ITパスポートおすすめテキスト「イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室」

「イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室」の特徴

・イメージで掴みやすく、セクション単位で読みやすい
・文章は簡潔
・シンプルで人気の高いテキスト
・簡潔な文章が人によっては苦手かも

技術評論社から出ている「栢木先生のITパスポート教室」も人気のあるテキストです。私もこのテキストと購入を迷いました。

テキストのイラストはシンプルながらも可愛らしく、しかもとてもわかり易いです。

セクション単位でイラストイメージの掲載があり、全体のイメージ→詳細を知るの流れが非常に学習効率の高いテキストになっています。

「栢木先生のITパスポート教室」のデメリット

文章が少し淡々とした印象があるので、人によっては苦手意識が出てしまうかもしれません。端的に書かれているために、特に初心者の方にとっては「もうちょっと説明が欲しい…」と感じる箇所があります。

まい

広範囲の出題範囲を1冊に、そしてよりシンプルにまとめているから仕方ない面はあるんだけどね

ITパスポートの合格には、全部を理解する必要はないから、わからないところは飛ばすのも一つの手だしね

シンプルでわかり易い表現は間違いなくおすすめできる一冊なので、ぜひ一度実物を開いてみてほしいです。

「栢木先生のITパスポート教室」の口コミ

栢木先生の口コミはどうかな?

https://twitter.com/DpcSmiley/status/1357864765830307840
まい

やっぱりわかり易くて良いテキストみたいだね!

表紙も可愛らしくて親しみやすいね!

ITパスポートおすすめテキスト「キタミ式イラストIT塾 ITパスポート」

「キタミ式イラストIT塾 ITパスポート」の特徴

・イラスト多用!目で見て覚えるテキスト
・親しみやすい文章で勉強に苦手意識がある人におすすめ
・イラストを読むのが苦手な人には△

「栢木先生〜」と同じく技術評論社から出版されている「キタミ式イラストIT塾 ITパスポート」はとにかく可愛いイラストが特徴のテキストです。

上記2つのテキストと並んで人気が高く、このテキストのおかげで合格できたという人も大勢います。

イラストが多用されているので、イメージ先行型、視覚的に捉えた方が頭に入りやすい人はこのテキストが合っているのではないでしょうか。

私としては、特に勉強に苦手意識がある方におすすめしたく、とっても親しみやすいので、つまづくことなく勉強に取り組めると思います。

「キタミ式イラストIT塾 ITパスポート」のデメリット

デメリットとしては、文章で説明するような部分もイラストで解決してしまっているため、イラストを飛ばすのは厳禁です。そのため、イラストを読むのが苦手な人には逆に合わないテキストだと思います。

まい

私も、イラストよりは文章派だからこのテキストはちょっと合わなかったよ。でもわかり易いことには変わりない!

好みの問題なので、ぜひ自分はどちらのタイプか、購入前に見比べてみるよ良いと思います!

「キタミ式イラストIT塾 ITパスポート」の口コミ

キタミ先生の評判はどうかな?

https://twitter.com/shiho_noaleo/status/1349568408547803138
まい

やっぱりわかり易さに定評があるテキストだね!

イラストや可愛いものが好きな方はぜひ!

ITパスポートテキスト選びのポイント

ここからは、様々な資格を取り、様々な資格テキストにお世話になってきた私の目線から、ITパスポートのテキストを選ぶポイントについてお話していきたいと思います。

テキストは問題集(過去問)がついているもの

ITパスポートのテキストは参考書部分と、問題部分がセットになったものが多いです。資格試験の勉強は、内容を読んだ後に問題を実際に解いてみることで理解がぐんと進みます。ぜひ、問題集(過去問)がセットになったものをチョイスするようにしましょう。

参考書と問題集が別々のものもありますが、改めて問題集を購入する必要はありません。ITパスポートは無料サイトが充実しているので、無料で十分対策することができます

またITパスポートの公式サイトではダウンロードデータが用意されていて、過去の問題を紙形式でも、実際の試験形式(パソコンで解答するCBT方式)でも解くことができます。

テキストさえ購入すればあとはお金をかけずに十分な学習ができるので、改めて購入しなくていいですよね。

まい

私はこのサイトで過去問を解きまくって合格したよ

https://www.itpassportsiken.com/ipkakomon.php

スマホからサクサク解答できるからオススメ!

ITパスポートの公式サイトではCBT方式の疑似体験として、過去問が100問収録されたソフトウェアがダウンロード可能です。CBTで試験を経験したことがない方は、本番までに1回は体験しておいた方が良いのでぜひダウンロードしてみてくださいね。

文章や絵が理解しやすいもの

ITパスポートのテキスト、特にランキングで上位の人気テキストは正直どれもわかり易いです。その中でも自分の好みのもの、自分が読んでみてすんなり理解できるものを選ぶようにしましょう。

例えば私はポップな見た目より、シンプルですっきりした見た目のテキストの方が理解しやすいです。色もフルカラーより2色刷りが好み。

でも中にはかわいいキャラクターが多い方が親しみやすく、理解が深まる人もいますよね。

資格試験の勉強は結局は「楽しく続けられるか」なので、自分の好みのもの、一番しっくりくるものを選ぶの一番です。

ちょうど良いボリュームのもの

ITパスポートのテキストは問題集と合わせて400〜500ページ前後のものが良いと思います。

理由は

【ボリュームが多すぎるテキスト】→情報が多いと混乱する、勉強にやる気が起きない、必要ない

【ボリュームが少ないテキスト】→解説が不十分で理解できない

という点からです。

勉強は重要なところを効率よく勉強することが大切です。情報が多すぎるテキストで初心者が勉強しようとすると混乱して、本当に大切な個所を落としてしまいます。

それにいつまで経っても進まないとやる気がなくなっちゃうよね。

また、ITパスポートの出題範囲(シラバス)はとても広く、実は市販テキストでは試験範囲をすべて完璧に網羅することはできません。ITパスポートは約6割得点すれば合格する試験です。広範囲を勉強して完璧を目指す必要はないんです。

まい

6割得点するには、頻出ポイント、重要な個所を落とさないことが大事だよ

一方で、ボリュームが少ないテキストの中には、解説を省略しすぎて読者の理解が難しいものもあります。

重要な個所を理解出来ないと得点ができないし、苦手意識も出てきてしまいます。テキストのボリュームはちょうど良い400〜500ページほどのものを選ぶのがおすすめです。

ITパスポートのおすすめテキスト

IT初心者主婦がおすすめするITパスポートのテキストは

「いちばんやさしいITパスポート」
「イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室」
「キタミ式イラストIT塾 ITパスポート」

です。

まい

どれも特徴があってそれぞれおすすめです。

実際に使用した「いちばんやさしいITパスポート」の項目が一番長くなってしまいまたね(笑)

ITパスポートのテキスト選びのポイントは

  • テキストは問題集(過去問)がついているもの
  • 文章や絵が理解しやすいもの
  • ちょうど良いボリュームのもの

を選ぶのが大切です。

ITパスポートはテキストが充実しており、独学でも十分に楽しく学習できます。ぜひ自分に合ったテキストを見つけて、一発合格を目指してくださいね。

よかったらシェアしてね!
さわだ まい
資格好きの専業主婦
行政書士・宅建士・FP・保育士・危険物などいろいろな資格を持っています。
2歳と1歳の育児と再就職の傍ら、更なる資格取得にチャレンジします。
この記事でわかること
閉じる